Blog

高音質マイクプリアンプ,ハイエンドマイクプリアンプ,スタジオマイクプリアンプ,8chヘッドアンプ,GRACE design,m801mk2,高品位マイクプリ,トランスレス,アコースティック,生楽器,ボーカル,ドラムス,レコーディングマイクプリ,8ch HA


8チャンネルの “ハイ・フィデリティ”マイクプリアンプ

m801mk2は、GRACE designが25年以上に渡り磨き上げてきた「パフォーマンスの全てをキャプチャーするマイクプリアンプ」の集大成です。

8チャンネルごとに完全独立した美しい基板設計、精巧な金属皮膜抵抗、ゴールドコンタクト、電解コンデンサの排除などの評価の高い設計の全てを継承しながらも、更なる高みを追求すべく回路設計をリファイン。ローゲイン時のノイズパフォーマンスや、低域のフェイズ・レスポンスの改善、RFI/EMI、Wi-Fiなどの電磁波ノイズに対する徹底的な対策、DCパワーサプライのクリーン電源化など、多くの進化を実現しています。

その結果、周波数特性が3.2Hz-530kHz(± 3dB)という究極のフラット&ワイドレスポンスを達成。そこに在るパフォーマンスのすべてを捕え、ため息を付くような深みと迫力を持つサウンドをレコーディングすることができます。

1994年にGRACE designの最初の8chマイクプリアンプである「MODEL801」が発売されました。
高音質マイクプリアンプ,ハイエンドマイクプリアンプ,スタジオマイクプリアンプ,8chヘッドアンプ,GRACE design,m801mk2,高品位マイクプリ,トランスレス,アコースティック,生楽器,ボーカル,ドラムス,レコーディングマイクプリ,8ch HAチャンネルごとに完全独立した基板設計や、精巧な金属皮膜抵抗や金接点、電解コンデンサの排除など、音楽的な響きを最重要視し、一切の妥協をしない徹底した設計理念が貫かれたMODEL 801は、約25年以上が経過した現在でも、最も表現性に優れたマイクプリアンプとして世界中のスタジオで現役で使用されています。

その12年後、進化し続けるデジタル音質の向上に対応すべく、さらに拡張された周波数特性や優れた信号パス、リボンマイクモードなどを搭載した「m801」が発表されました。

そして今、完全なる次世代を見据えた、究極のマイクプリアンプ「m801 mk2」が登場しました。

高音質マイクプリアンプ,ハイエンドマイクプリアンプ,スタジオマイクプリアンプ,8chヘッドアンプ,GRACE design,m801mk2,高品位マイクプリ,トランスレス,アコースティック,生楽器,ボーカル,ドラムス,レコーディングマイクプリ,8ch HA

更なる高みを追求すべく回路設計をリファイン。ローゲイン時のノイズパフォーマンスや、低域のフェイズ・レスポンスの改善、RFI(無線周波数帯域の電磁波ノイズ)/EMI(電磁妨害ノイズ)やWi-FiやBluetoothなどに起因する現代ノイズ源に対する徹底的な対策、DCパワーサプライのクリーン電源化など、様々な進化がm801 mk2に追加されました。

今日の近代的なレコーディング・スタジオには、多くのデジタル・プロセッシング能力が導入されており、素晴らしいサウンドを作り出す機会に溢れています。しかしながら、あなたの目の前で起きているその「パフォーマンスのマジック」をキャプチャーする事ができる唯一の機材は「アナログ・ハードウェア」であり、他のものでは代替できません。GRACE designがマイクプリアンプの音質と性能を長年にわたって磨き続ける理由は正にこの価値にあります。もしそこに素晴らしいパフォーマンスがあり、マイクロホンがm801 mk2に接続されていれば、あなたは息を飲むようなリアリズムをレコーディングすることができるはずです。得るべき最高の原材料を録音できれば、素材にカラーを付け加える事は、今のプロセッシング技術を利用すれば簡単です。

GRACE designの考える「ソニック・クオリティ」を、あらゆる角度から追求した「最も信頼できる」ハイエンド・マイクプリアンプです。

高音質マイクプリアンプ,ハイエンドマイクプリアンプ,スタジオマイクプリアンプ,8chヘッドアンプ,GRACE design,m801mk2,高品位マイクプリ,トランスレス,アコースティック,生楽器,ボーカル,ドラムス,レコーディングマイクプリ,8ch HA

高音質マイクプリアンプ,ハイエンドマイクプリアンプ,スタジオマイクプリアンプ,8chヘッドアンプ,GRACE design,m801mk2,高品位マイクプリ,トランスレス,アコースティック,生楽器,ボーカル,ドラムス,レコーディングマイクプリ,8ch HA


m801 mk2 Owner’s Manual

高音質マイクプリアンプ,ハイエンドマイクプリアンプ,スタジオマイクプリアンプ,8chヘッドアンプ,GRACE design,m801mk2,高品位マイクプリ,トランスレス,アコースティック,生楽器,ボーカル,ドラムス,レコーディングマイクプリ,8ch HA

A、24ポジションの金接点ゲインスイッチ
各ゲインコントロールは24ポジションで、18dB~64dBを2dBステップでコントロールします。
ゲインコントロールが9時位置で28dB、12時位置で40dB、3時の位置で52dBとなります。

B、BiカラーのLEDピーク・インジケータ
LEDピークインジケータは出力信号をモニターしています。
出力信号が-14dBでLEDは緑色に、+16dBで赤色に点灯します。
赤色点灯時(+16dB)でも、まだ実際にクリップする12dB手前となりますので、たまに赤色に点灯する程度でクリップは起きません。
ピークインジケータ点灯のスレッショルド・レベルは各チャンネルごとに調整が可能です(後記参照)

C、48Vファントム・パワー
+48Vスイッチを押すとファントムパワーを使用できます。
XLRコネクタの2番ピンと3番ピンに+48V電源をコネクトします。
このスイッチは赤色に点灯し、実際には入力のボルテージをモニターしています。
マイクロホンが接続されていない時、ファントムパワーをオフにすると、LEDは約10秒間ほどフィルター・キャパシタが放電するまで点灯し続けます。

D、フェイズ・スイッチ
信号の位相をチャンネルごとに反転できます。
このスイッチはアクティブになると緑色に点灯します。
プリアンプ回路上のシールされた金接点のリレーを使用してパワーを供給しており、フロントパネルからの信号のワイヤリングをなくしているため、スイッチのコンタクトに起因する問題がありません。

E、-20dB PADスイッチ
20dBのアッテネータ・スイッチです。
橙色に点灯します。
フェイズ・スイッチ同様にプリアンプ回路上のシールされた金接点のリレーを使用しています。
このPADスイッチを有効にすると本機のゲインレンジは-2dB~44dBとなります。

F、リボンマイク・モード・スイッチ
このスイッチを有効にすると、ゲインを10dB追加できるだけでなく、リボンマイクやダイナミックマイクを安全に使用するため48Vファントム電源を無効にします。
更にカプリング・コンデンサーをバイパスし、入力インピーダンスを20kΩと高くするため、リボンマイクやダイナミックマイク使用時の音質向上を期待できます。

高音質マイクプリアンプ,ハイエンドマイクプリアンプ,スタジオマイクプリアンプ,8chヘッドアンプ,GRACE design,m801mk2,高品位マイクプリ,トランスレス,アコースティック,生楽器,ボーカル,ドラムス,レコーディングマイクプリ,8ch HA

A、IEC電源インプットとヒューズ
同梱のACアダプターを接続します。電圧は100-240VACに対応するユニバーサル設計です。
ヒューズは2つのT800mA 250V ~ 5mm x 20mmのタイム・ディレイ・ヒューズを使用します。

B、XLR入力コネクター
入力コネクターはXLR(2番ホット)の使用です。48Vは2/3番ピンにサプライされます。

C、XLR出力コネクター
入力コネクターはXLR(2番ホット)の使用です。

D、パラレルXLR出力
m801mk2ではもう一系統のパラレルXLR出力を装備しています。追加のレコーディングやミキサーに音を送ることができ、バックアップにも便利です。

高音質マイクプリアンプ,ハイエンドマイクプリアンプ,スタジオマイクプリアンプ,8chヘッドアンプ,GRACE design,m801mk2,高品位マイクプリ,トランスレス,アコースティック,生楽器,ボーカル,ドラムス,レコーディングマイクプリ,8ch HA

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー