Blog

Grace design m108,マイクプリアンプ,ADC

GRACE designは25年以上にわたり高品位なマイクプリアンプを開発し続けています。同社の製品が明らかに他と違う点は、音楽の芸術性を正確に伝えるために、余計な色付けは一切排除し、ピュアな音だけを追求している点にあります。

2016年、GRACE design社は新たに革命的なマイクプリアンプを発売開始いたします。

m108はGRACE design社の音質や機能に対するアプローチの頂点ともいえる設計を投入した製品です。

GRACE DESIGN m108,8ch マイクプリアンプ

 

Evolution

GRACE designならではの高品位でクリアーなマイクプリアンプを8ch搭載し、24bit/192kHzのADコンバーター(AES,ADAT,USB)をビルトイン。8×2 のシンプルな最高音質のUSBインターフェース、デジタル・ミキサーとしても機能します。さらに様々なリモート・コントロール方式に対応し、オプションでDanteネットワーク・オーディオ機能を追加することも可能です。

楽器や声を最大限クリアーに、空気の微細な動きまで全てを余すことなくキャプチャーできるGRACE designの定番マイクプリ、一切の色つけを行わず常に100%のアナログ-デジタル変換を特徴とするGRACE品質のADコンバーターは、あらゆるDAWシステムに最高のインプット・セクションを提供します。

 

Unrivaled Performance

m108はハイエンド・モデルであるm802 リモート・マイクプリアンプの設計コンセプトを、エレガントな1Uの筺体に収めることに成功しています。トランスフォーマーレス回路とカレント・フィードバック方式のゲイン設計は、GRACE designならではの繊細で深みのある表現を可能にしています。また標準装備されたGRACE品位のADコンバーターは、その響きの完全さを100%保ったままデジタル信号へ変換できます。内蔵のデジタル・ミキサー機能を使用すれば、8chのマイク・プリ・チャンネルをミックス/モニター可能です。

さらに「アシンクロナス・モードのUSBインターフェース機能」が装備されたことで、ジッターに対する最も優れたパフォーマンスをもってコンピューター環境に接続する事が可能になります。つまりUSB接続されたm108は(m108内蔵ADC/DACにより)8×2チャンネルのシンプルで最高音質のUSBオーディオ・インターフェースとして使用できるのです。コントロール・ルーム出力はヘッドホンアウト(標準)、またはCR Output Card(オプション)をリアパネルのスロットに追加することで得ることができます。

トラッキング後にDAWのプラグインでサウンド・カラーを調整するような場合には、すべてをキャプチャーできるクリアーなm108の音質は後処理がしやすく、現代のレコーディング環境にとてもマッチしています。

m108_rearpanel1

 

Simple Operation

プッシュボタンを兼ねたロータリー・エンコーダーを採用。徹底的に考え抜かれたシンプルなナビゲートと快適なオペレーションを実現しています。また48V、フェイズ、チャンネルグループ、メーターのピークリセットは、フロントのボタンから直接アクセスできるため、現場での素早いセットアップを可能にしています。

視覚性の良いOLEDスクリーン・ディスプレイには、各チャンネルのゲイン設定、メーター、ピークステイタス、デジタルミキサー、セットアップメニューなどのシステム情報が効率よく表示されるよう工夫されており、使用スタイルに応じたディスプレイ・モードの選択も可能です。シンプルな操作を徹底した、考え抜かれたメニュー設計は、プロフェッショナルなツールとしての価値をさらに高めています。

m108_front

 

Powerful Operation

m108はスタンドアローンのマイクプリアンプ/ADCとして使用できるだけでなく、m802RCU(別売)からのリモートコントロール、ProtoolsなどのホストシステムからのMIDIコントロール、さらにm108専用のコントロール・アプリケーションも用意されています。LANネットワークからWebブラウザー経由でのコントロール(IPアドレスをGoogle Chromeなどのアドレスバーに入力するだけで、自動的に専用のリモート画面が表示されます!)も可能なため、あらゆるシステム設計にパーフェクトなソリューションを提供いたします。

さらにオプションでDANTEネットワーク・オーディオ機能を追加できるため、幅広い音響設備のアプリケーションのコアシステムとしてm108を使用することができます。

m108では最大12台(96ch)の大規模なリモート・マイクプリアンプ・システムを構築することが可能です(従来機種のm802を混在させたシステム構築も可能)。

m108_detail2-1

 

Features

● 8chトランスペアレンツで音楽的なマイクプリアンプ
● 音空間の全てを再現できるパーフェクトな回路設計と音質
● マイクプリアンプの周波数特性 (15Hz – 300kHz / +/- 0.2dB, 40dB Gain)
● 24bit/192kHz ADコンバーター標準装備
● AES、ADAT、USB デジタル・コネクション(*Danteオプション有)
● 8×2 シンプルなUSBオーディオ・インターフェースとして機能
● ワイドなゲインレンジ設計(-6 ~ 69dB)
● 8ch バランス・アナログ出力
● ワードクロック入出力
● リボンマイク・モード搭載
● リファレンスDACとヘッドホンアンプによるローレイテンシー・モニタリング
● 10チャンネル・デジタル・ミキサー機能
● 視覚性の良いOLEDディスプレイと考え抜かれたスマートなナビゲーション
● 各チャンネルやプリアンプに固有の名称を編集・表示可能
● チャンネル1&2 Hi-Z入力をフロントパネルに装備
● m802RCUやProtoolsなどからリモートコントロールが可能になるシリアル/MIDIポート
● LAN(イーサネット)ネットワーク経由でのWebブラウザー(Google Chromeなど)からのリモートコントロールが可能
● 専用のリモート・コントロール・ソフトウェア
● m108 Dante Option ネットワーク・オーディオ・カード(別売)。世界標準の非圧縮オーディオ伝送プロトコル「Dante」に完全対応
● m108 CR Option バランス・アナログ・ステレオ出力拡張カード(別売)
● Mac OS(ドライバーレス)、Windows OS(安定した専用ドライバー)によるアシンクロナスUSB接続
● USB経由でファームウェアーのアップグレードが可能
● メイド・イン・USA

m108_detail1

 

シンプルなオーディオ・インターフェースとしての機能や、デジタルミキサー機能、またDanteオプションによる高品位なオーディオネットワークの構築など、気になる部分はたくさんございますが、GRACEクオリティの高品位マイクプリアンプが8チャンネル分搭載されていて、さらにハイエンドな8chのADコンバーターを標準搭載、さらにマイク信号の引き回しを回避して高音質が実現できるリモート制御に対応、ProtoolsからのMIDIコントロールも可能で、さらに1Uのコンパクト設計でこの価格ともなれば、それだけでも相当の価値がある製品であると断言できます!

 

同じく新製品のGRACE deisgn ALiX (楽器用プリアンプ&DI、EQ)を使用したピックアップのサウンドと、Sennheiser MKH 8040マイクロホン×2をGRACE design m108に入力し、さらにm108でADコンバートしてDAWに取りこんだダイレクト・サウンドを収録したプロモーション動画も公開されました!

 

 

m108は発売中です。この記事は発売前の2016年4月時点の情報となりますので、最新の情報は以下をご覧ください。
http://umbrella-company.jp/gracedesign-m108.html

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー