Blog

 
 

名機 “1073” のマイクプリ部分を再現

今回はマイクプリアンプ Golden Age Project PRE-73 DLX (ごーるでん えいじ ぷろじぇくと ぷりななさん でらっくす)を試してみた。


本機は、レコーディング機材界の生き神、Rupert Neve (るぱーと にーう゛)さんが1970年頃にデザインした、名機中の名機”1073″(元々は卓に搭載される為のインプットモジュール)のマイクプリアンプ部分を再現したものである。
信号回路にICは使われておらず、高価なタンタルコンデンサーが使用されている。またスイッチ類はリレーであるため、最短のシグナルパスを実現している。さらに、オーディオ回路とリレー、LEDの電源は独立させた設計になっているらしい。
まず目を引くのはこの値段。
今まではNEVEを意識したこの手の機材というのは、NEVEそのものよりは安価だとしても、コンシューマー向けの機器にしては安くないものばかりだった。
しかしこのシリーズは、アマチュアにも手の届く手頃な価格設定になっている。> 続きはこちら

 

 

PRE-73 DLXサウンドレビューの詳細(続き)はこちら

 

 

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー