Blog

伝説的なNEVE1073の回路を再現した手の届くクラシック・ビンテージ・プリアンプスウェーデンの‘Golden Age’のオリジナルブランド Golden Age Project(GAP)から発売されているPre 73をレビューしてみよう。

 

デザインと設計

Pre- 73はNEVE1073のプリアンプ部分の設計をベースにしていながらも、驚異的なローコストを達成している。信号回路にICを一切使わない贅沢なディス クリート設計、ノイズレスな外部のパワーサプライ(ACアダプター標準、オプションで外付PSU)、そしてマイク入力、ライン入力、アウトプットと3個の オーディオ・トランスフォーマーと全ての回路設計はNEVE1073のようだ。

PRE-73は一般的なハーフラックサイズでラックトレイにマウントも可能だ。ケースは頑丈でヘビーなスチール仕様、レトロなダークレッドに仕上げられている。

GAPのPre-73はあなたが優秀なプリアンプ望むものは全て兼ね揃えている。マイク入力、ライン入力、DI楽器入力、位相反転やレベルメーターなどなど。ゲインコントロールはNEVE1073と同じように3つのOFFポジションまで再現している。

Pre-73は最高ゲイン80dB、ラインのゲインレンジは-20dB~+10dBで、バランスXLRまたはTRSフォー ンで入力できる。ハイインピーダンス仕様の楽器入力はフロントパネルに装備されている。またPre-73にはマイク入力のインピーダンス切り替えがあるた めマイクロホンをベストな状態でドライブさせることができる。

4ステージのLEDメーターは出力を監視している。ゲインコントロールは5dBステップで-10dB~+80dBを本格的 なロータリースイッチのステップゲインでコントロールする。出力はもちろんロータリーポットになっていて出力レベルの微調整が簡単に行える。インプットを オーバーロード気味にセットして倍音を強くして、出力で絞るようなサウンドメイクが自由に設定できるのが魅力だ。

価格帯から見てもこのプリアンプの内部のサーキットや出来栄えはとても素晴らしい印象だ。サーキットボードに丁寧にセット された回路やパーツやパートごとの設計が印象的だ。2つの入力トランス、出力トランスはケースの内側サイドセットされている。2N3055パワートランジ スタは良くできたヒートシンクにマウントされている。内部の配線も丁寧で綺麗だ。とにかくメカニカルな組み上げは、もっと高級なイクイップメントにも十分 匹敵するクオリティになっている。

GAP-001
 

サウンドテスト

マイクプリアンプのテストはナレーションとボーカル録音で、私が信頼をおいているトランスペアレンツなサウンドのマイクプリと比較テストを行った。Pre- 73 は明確にキャラクター(個性)をもったサウンドだ。ミッドレンジは力強く信頼感のあるサウンド、高域はスムースで滑らか、柔らかくチューブマイクを思わせ るようなサウンドにも感じる。Focusrite ISA110にも通じるトランスフォーマーを通過した独特のトーンの感じがある。またノイズなども全く気にならない!

もしトランスレスアンプのようなクリーンで透明なサウンドが必要な場合にはこのPre-73は選択されないだろう。 Pre-73は音楽的でボーカルや(楽器を)ミックスで引き立たせることができる。それもブライトになりすぎず素晴らしい働きをしてくれる。Golden Age ProjectのPre-73は間違いなくビンテージサウンドのバイブを持ち、オーセンティックなサウンドをキャプチャーしてくれる。とても温かみがあ り、ボーカルに一定の重みとパンチを与えてくれた。サウンドを鈍らせることが一切なくサウンドのエッジを滑らかにしてくれるところは正にアナログ機器の醍 醐味だ。エレキギターアンプへのマイキングやベースのDIとしてもベーシックなサウンドが素晴らしい。VOXアンプにマイキングしても最高だったし、ク リーンなギターソロをDI入力で試してもとてもスィートで良かった。ここまでレトロなビンテージ感があるとVUメーターが欲しくなるところだが、価格を考 ええれば贅沢と言うものだろう。
 

総評

Pre-73はたいへん購入しやすい価格ながら、そのパフォーマンスは驚きに値するほど素晴らしいものだ。ビルドクオリ ティも最高である。トランスフォーマーの品質もこの価格では限界があることは確かだが、そのサウンドは反して温かいビンテージサウンドで音楽的でとても良 い。この価格帯でキャラクターのある(色付けのある)NEVEのようなマイクプリアンプを探しているおなら、このPRE-73以外に何を勧めればよいのだ ろう?Pre-73は景気が良かろうが悪かろうがたくさん売れる製品であるに違いない。

 
GAP-002

 

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー