Blog

INTRODUCTION

Golden Age Project「COMP-3A Jr」は、伝説のビンテージ『LA-3A』を再現したコンプレッサー/レベリング・アンプです。上位機種COMP-3Aのエッセンシャルを凝縮し、サウンドはそのままにコンパクトな「Jrサイズ」に収めています。

1969年のデビュー以来、数え切れないほどのレコーディングで使用され、最も有名なコンプレッサーとして歴史に名を刻むLA-3A(ソリッド・ステート・バージョン)は、LA-2Aより高速なアタックとリリースを実現できるため、ドラムスやルームマイク、ピアノ、ボーカルなどに多く使用されます。特にエレクトリック・ギターやベースの録音において最もポピュラーな定番機種です。ミッドレンジをしっかりと捕えるそのパンチ感のあるコンプレッション・サウンドは、世界中のプロフェッショナルから支持されています。

Golden Age Project / Comp-3A Jr  伝説のビンテージ・コンプ LA-3Aを再現しながらもコストパフォーマンスを追求

「COMP-3A Jr」の信号パスには抵抗、コンデンサ、ダイオード、トランジスタなどのディスクリートのコンポーネントのみが使用され、入出力はそれぞれに最適化されたトランスフォーマー・バランスのデザインが採用されてます。IC回路の一切使用されていないクラシックな回路設計は本機の音質を決定付けています。COMP-3A Jrの持つ音楽的なビンテージサウンドは、デジタルレコーディング全盛の今だからこそ評価される音質を提供できます。

また、COMP-3A Jrにはクラシックなオプトカプラを使用するゲインコントロール回路が採用され、オリジナル実機のもつ個性的なコンプサウンドを再現しています。当時と変わらないビンテージスタイルの信号パスが、多くのエンジニアやミュージシャンたちが愛して止まない、あのLA-3Aのサウンドを余すことなく再現します。

FEATURES

・ビンテージ・スタイルを貫いた電子パーツや回路設計
・トランスフォーマー・バランスド入力&出力
・最大出力レベル25dBu
・オプトカプラーを使用するゲインコントロール方式。最速のアタックタイム(1ms)
・Gain MakeupとGain Reductionの2つのコントロールで最大の効果を達成
・3ポジションのTIMEスイッチによるAttcakタイムとReleaseタイムの最適なコンビネーション3つを切り替え可能
・内部ジャンパーの設定によりTIMEポジションBとCのタイムを長く設定可能
・LEDメーターは、出力レベルまたは、ゲインリダクションを表示可能
・ハードウェア・バイパス・スイッチ
・XLRとTRSフォーンの入力端子/出力端子
・リンク端子で2台のCOMP-3Aを接続することでステレオ・オペレーションが可能
・全てのコントロールをフロントパネルに集約したことで、ビンテージより使い勝手が良い
・外部パワーサプライによりオーディオ信号やトランスへの悪影響がない設計
・1U-1/4ラックサイズのコンパクト設計。別売のUNITE MKIIに同サイズのGAP製品を4台までラックマウント可能。
・頑強で品質が高く、長く使用できる完璧なビルド・クオリティ
・重量 :1.4kg
・サイズ(mm):W 215×H 88×D200(突起含まず)/ D216(突起含む)

CIRCUIT DESCRIPTION

信号はバイパスリレーから入力トランスフォーマーに送られます。その後ゲインリダクション回路に入りR1/R2レジスタ・ネトワークを通過します。オプトカプラは光学的なデバイスで光量に応じた抵抗値を作り出します。レジスタ・ネットワークが信号レベルを低くした後には、ゲインメイクアップのためのポテンシオメータと、2520スタイルのゲイン・アンプ回路に信号が入力されます。このアンプ回路はもちろん完全なディスクリート設計で、出力トランスによってバランス出力されます。

サイドチェーン回路はR1抵抗の後から信号を取り出します。 ゲイン・リダクションのポテンショメータはレベル調整され、いくつかのアンプセクションを経由して、オプトカプラのLEDをドライブさせるために最適化されます。このオプト回路により独特なコンプレッションが作られています。

アタックタイムとリリースタイムは、オプトカプラの特性によって決まります。 COMP-3A Jrにはいくつかのタイミング・オプションを持つTIMEスイッチも用意されています。さらにセレクタブルなサイドチェーン・ハイパスフィルタ(-3dB @ 250Hz、6dB /oct)が、よりプロフェッショナルなコンプレッションを実現します。

USING THE COMP-3A JR

COMP-3A Jrを使用するには、以下のスタートガイドをご参照ください。

・24V ACアダプター(国内正規品には100Vでご利用いただけるPSE認証アダプターが付属しています)を接続してください。フロントパネルの電源スイッチをオンにしてください。

・INPUTにオーディオソースを入力します。出力はTRSフォンとXLRが用意されており、内部でパラレル接続されています。

・ GAIN MAKEUPノブで最終的な出力ゲインを設定します。ノブの設定位置が2.5位置が、コンプレッションがない場合の0dB位置になります。約24dBの追加ゲインを設定可能です。

・GAIN REDUCTIONノブを時計回り方向に回していき、コンプレッションを適応します。入力レベル+4dBuの場合の最大コンプレッションは約20dBです。

THE TIME SWITCH

アタックタイムとリリースタイムは、3ポジション(A,B,C)のTIMEスイッチで変更できます。Aポジションは最も高速なアタック&リリースとなり、最もオリジナルUAのLA-3Aに近くなります。ポジションBは遅めのアタックタイム設定となっており、Golden Age ProjectのCOMP-3Aに近いコンプレッションが楽しめます。ポジションCはアタックタイムを増加させて(遅めて)います。

ユニットの内部でジャンパーを設定すると、スイッチのポジションB、またはCのアタックタイムとリリースタイムを増加させることができます。フロントパネルの近くに2つの基板コネクタがあります

1.「T-B」(TIMEスイッチのすぐ後ろ側)
2.「T-C」(IN/OUTスイッチとR25の右側)

これらのジャンパは、工場出荷時には片側だけのピンに取り付けられていますので、BまたはCのスイッチ位置でアタックとリリースタイムを増やしたい場合には、対応するジャンパーで両方のピンを閉じるように設定してください。

THE METER

メータースイッチはGRまたはVUに設定できます。GRを選択することで、LEDバーの目盛りでおおよそのゲインリダクション量を表示できます。LEDバー右側の数値がゲインリダクション量です。

また出力レベルは、メータースイッチをVUをに設定することで表示できます。 LEDバーの左側の目盛がVUメーターの値です。VU値0は、出力レベルがノミナルレベルである、約4dBu(1,23V RMS)であることを示します。

STEREO OPERATION

COMP-3A Jrを2台使用したステレオ・オペレーションでは、2つのユニットをリアパネルのLINK端子で接続することで、両機のサイドチェインをリンクさせることができます。接続にはTSフォンケーブルを使用します。

*ステレオ・オペレーション時にはマッチド・コンプレッションとアウトプットを得るために、両ユニットのノブ位置は同じ設定にしてください。

SC HIGH PASS FILTER

サイドチェイン・ハイパスフィルター・スイッチを搭載しています。FLAT位置で無効、SCHP位置で有効になります。
250Hz以下の周波数に対してコンプレッションをかかりにくくすることができます。低域に過剰にコンプレッションが反応しすぎるのを防ぎたい場合に便利です。

IN/OUTスイッチ

COMP-3A Jrを簡単にバイパスできるスイッチです。OUTポジションでは完全にバイパスされます。

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー