Blog

レコーディング機材の情報が満載のSOUND DESIGNER誌の2018年3月号に、FMR AUDIOの2chのマイクプリアンプ「RNP8380」と、ステレオ仕様のコンプレッサー「RNC1773」の2台をパッケージし、さらにスマートに2台を接続できる「特製インサートケーブル×2本」を追加したコンボパック「Really Nice Tracking Combo」の製品レビューが94ページに掲載されています。

ボーカル録音はもちろん、ステレオ仕様なのでアコギやパーカッション、ドラムなどの生楽器のステレオ録音にも最適なパッケージで、特に自宅録音でもパーフェクトなスタジオクオリティの音質を実現したい場合に適したソリューションです。

FMR AUDIO,RNC1773,RNP8380,コンプレッサー,マイクプリアンプ

サウンドデザイナー誌のレビューでは、実際のレコーディングのボーカル録音で、マイクにノイマンU67を使用したレビューが掲載されており、「ノーマルモードはしっかり音量を叩いている」、「スーパーナイスモードは潰した感じがあまりしなくてナチュラルにコンプがかかる」、「コンプ感を感じさせたくないパートにはスーパーナイスのかかってないように聞こえるコンプが合う。ハイの抜けも若干良くなる」、「RNP8380のプリアンプはS/Nが非常に良い。ニーヴよりも良いかも、あと中域が太い」、「女性ボーカルや楽器にもあう」、「アコースティックギターに、RNC1773(E)をノーマルモードでかけると抜群にいいですね。バーンと強めに弾いても受け止めてくれる。さらにスーパーナイスにするとタッチのニュアンスが深く感じられる」、「楽器との相性が良い。特にクラシックギターにもぴったりで1176やチューブテックよりも弾きやすいかも」、「ダイナミックレンジが広い演奏を音楽的な領域に収めてくれるから、ベースにも合うと思う。ハイ弦とロー弦の間でダイナミックレンジの差が激しいので、そこをしっかりとまとめてくれると思います」、など極めて良い評価をいただきました。

ぜひ、書店や楽器店で本誌をお買い求めのうえ、レビュー記事を読んでみてください!

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー