Blog

WALRUS AUDIOの中でも特に人気の機種である、マルチファンクションリバーブペダルFATHOM。この価格帯のコンパクトリバーブペダルの中では圧倒的な音質と最新の機能性、濃厚できめ細かい残響で一気に空間を支配することができます。モジュレーションで残響を更に色付けしたり、踏んでいる間だけ残響を無限に引き伸ばすことができるSUSTAINスイッチなど、インスピレーションを刺激。ギターを深く歪ませた後にFATHOMをセット、DECAYを最大付近にしてSUSTAINスイッチを踏むと、空間が膨張して爆発していくようなトーンになり、これが個人的には大好き。

Walrus Audio,Fathom,ウォルラス・オーディオ,ファゾム,リバーブ・エフェクター

4つのリバーブモード+幻想的なモジュレーションを搭載、コンパクトなボディに様々な機能を詰め込んだマルチファンクション・リバーブ。

FATHOMには選びぬかれた4つのリバーブモード(HALL, PLATE, Lo-Fi, Sonor)が搭載されていますが、遊び心に溢れるWALRUS AUDIOは一筋縄で行くわけがなく、5つ目の隠しモード(イースターエッグ)も搭載されているのです。マルチファンクションディレイのARP-87と同じような感じですね。ARP-87の隠しモードについては以前こちらでご紹介しましたがFATHOMのはご紹介しておらず、これまたこの隠しモードが素晴らしいので紹介させて下さい!

 

Walrus Audio,Fathom,ウォルラス・オーディオ,ファゾム,リバーブ・エフェクター

【FATHOM 隠しモードへのアクセス方法】

1. programノブをSにする。

2. SUSTAINスイッチを押しながら、prograrmノブをS以外のポジションへ回す

3. 再度programノブをSへ戻す

4. SUSTAINスイッチを離す

これで5つ目のモード「ディレイ+リバーブ」モードへアクセスできます。 リバーブに加えて、デジタルディレイも有効になるモードです。 このモードではノブは以下の様に動作します。

・decay: 残響のディケイタイム(大きさ)を設定。左に回しきるとリバーブをオフにする。

・dampen: ディレイのタイムを設定。左に回すとショート、右に回すとロングディレイに。

・mix:エフェクトとドライ音のミックス比率を設定

・Xノブ: ディレイのフィードバックを設定。ディレイトーンのリピート回数を決定します。

・mod: モジュレーション量を3段階で設定

※隠しモード時はprogramノブは無効、すべてのポジションで「ディレイ+リバーブ」モードとなります。

※隠しモード時のリバーブは、PLATEモードとなります。

【FATHOM 隠しモード解除方法】

1. programノブをHにする。

2. SUSTAINスイッチを押しながら、prograrmノブをH以外のポジションへ回す

3. 再度programノブをHへ戻す

4. SUSTAINスイッチを離す

 

ディレイトーンにリバーブを含ませることで、更に印象的な残響を演出することが可能です。 ぜひ楽しんで下さい!

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー