Blog

『デジタル・アンプ・シミュレーター』に、より本物のチューブアンプのフィーリングをプラスする方法の一つに、Fractal Audio SystemsやKemper Profiling Amplifierの後段に、真空管バッファーを接続して出力する方法があります。

デジタル特有のギザギザ感、エッジ感など耳障りな周波数を程よくサチュレートし、デジタル機器の持つ段階的なピッキング・ニュアンスに滑らかさを加えることもできます。

ハイエンド・ギター・イクイップメントの老舗ブランドであるDemeter Amplificationの STDB-1(V.I.R)では、真空管とトランスによる豊かな倍音とサチュレーションを加え、リアルで豊かな音圧やトーンを実現し、演奏の表現力を豊かにすることができます。

V.I.Rバージョンでは入出力をリア側に変更し、Fractal Audio SystemsのAxe-Fxや、その他ラックマウントタイプのハイエンド・アンプシミュレーターとの接続がラック内でしやすくなるよう工夫されています。

またリレー回路を追加し、フロント入力に楽器が接続された場合、自動的に入力を切り替えます。例えばミキサーへの配線はそのままで、フロントにアコースティックギターのPU出力を入力する、録音セッション時にエレクトリック・ベースを録音する場合など、本来のステレオ仕様のダイレクトボックス用途で使用したい場合には、フロントの入力にジャックインするだけで対応が可能です!

今回東京/新宿にあるイシバシ楽器 新宿店さんの「アンプ&エフェクター専門フロア」に、このDemeter STDB-1(VIR)を試奏・試聴可能なコーナーを設置いただいております。

Fractal Audio Systems Axe-FXやKemperなどの、ハイエンド・アンプシミュレーターとの組合せを、スタジオモニター環境でじっくりお試しいただけます。Demeter STDB-1(VIR)を通した際の、音圧感やリッチな倍音の質感、細かな表現性の違いは、やはりPA音響に近いモニター環境、またはレコーディングを意識したシステムで聴いてこそ、その明らかな違いを実感できるものです。

イシバシ楽器 新宿店さんでは、写真にもあるように、Volt Ampere社製のスタジオ向けの電源コンディショナーを試奏システムに組み込まれるなど、システム全体での細かなクオリティ・チェックができる、数少ないショップさんだと思いますので、Demeter STDB-1(VIR)をプラスしたシステムの音質や品質チェックを正確に行っていただけるため、たいへんお勧めできます。

広々とした店内の奥の落ち着いた試奏環境で、是非じっくりとハイエンド・アンプシミュレーター&Demeter真空管ステレオ・バッファーの素晴らしさをご体感ください!

イシバシ楽器 新宿店さんはこちらです!
http://www.ishibashi.co.jp/store/shinjuku.html

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー