Blog

Amazing and Powerful! BASS800

Leland Sklar Demeter ディメター ベース 機材1982年、James Demeter(ジェームス・ディメター)は、ベーシストLeland Sklar(リーランド・スカラー)の為に伝説の真空管プリアンプ「VTBP-201」を設計しました。そのVTBP-201はその後25年間以上も使用され、2010年代に入りそのクリーンでリッチなサウンドへの再評価が高まっていったのです。

Jamese DemeterはLeland Sklar所有の真空管プリアンプ VTBP-201を改めて試聴、解析し、この機材だけが持つ魔法のサウンドを再発見しました。また同時期に当時のPCBが150枚発見された事をきっかけに、この真空管プリアンプに最新のクラスDパワーアンプを組み合わせた製品が開発されました。

そして2015年にはJamese Demeterは、伝説の「VTBP-201 サーキット」を再設計、400WのクラスDパワーアンプとパッケージした、極めてコンパクトでパワフルなベース・ヘッドアンプ「BASS400」を発表、2016年には800Wバージョンの「BASS800」をアナウンス。真空管を使った美しいサウンドと、クリーンでパワフルなサウンドを両立させることに成功しました。

↑オリジナルの Lee's #1 VTBP-201プリアンプ。 Leland Sklarのために作られ、長年にわたり使用された伝説のプリアンプ。

↑オリジナルの Lee’s #1 VTBP-201プリアンプ。
Leland Sklarのために作られ、長年にわたり使用された伝説のプリアンプ。

Leland Sklarの為に設計された伝説のチューブ・プリアンプ「VTBP-201」の全てを、よりコンパクトなPCBにリデザイン。クラスDパワーアンプとバランスのStudio Output(D.I出力)をプラスし、さらに新設計のインダクティブ・ベース・ブースト回路、アクティブ/パッシブ・スイッチ、アクティブ設計のFXループ、サウンドキャラクター・スイッチなども追加されています。クラシックな真空管サウンドとパワフルなクラスDパワーアンプの見事な融合、DEMETERならではのアメイジング・トーンを余すことなくコンパクトなパッケージに凝縮しています。

 

demeter-800-400-size

BASS400とBASS800のサイズ比較。

Features

米国カルフォルニアの工房で、最高のコンポーネント、熟練のクラフトマンによってハンドメイドされるDEMETER amplificationのハイエンド・プロダクトは、1980年代より多くのプロフェッショナル・ミュージシャンから絶大な支持を得ています。
Demeter Amplification
BASS800でのプリアンプ回路には、あの Leland Sklar の為に設計された伝説の名機 VTBP-201チューブ・プリアンプの回路を採用。高品位なコンポーネント、DCフィラメント、フル280Vのハイ・ボルテージ・サプライ、パッシブのチューブ・トーン・コントロールは Treble、 Middle、 Bass、Presenceの4バンド仕様を採用しています。またアンプトーン全体のカラーを切り替えられるDark/Normal/Brightの3モードを搭載。幅広い表現の可能性と、ハイエンドな音質を両立しています。

インプット端子は入力レベルが最適化された、個別のPassive/Activeインプットを装備。リア側には、エフェクトループ用の”send/return端子”を装備するプロフェッショナルな構成になっています。

アウトプット端子はスピコン&フォン・コネクターのコンボタイプ、ロック式で安心のスピコン、または一般のフォンケーブルのどちらもご利用いただけます。さらに他のパワーアンプを使用する際に利用できる”Pre Amp Output”も装備されています。

また、D.I出力(Balanced Studio Out)を標準装備。バランスXLR出力からラインレベル出力を得ることが可能です。この出力はEQ回路の前(pre)、または後(post)をスイッチで選択できます。オプションでこのD.I出力を、マーカス・ミラーも愛用する同社のVTDB-2B D.I同様に『Jensenトランス』にアップグレード・オーダーする事も可能です。

 

products-page_button

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー