Blog

Caroline Guitar CompanyのHAWAIIAN PIZZA(ハワイアン・ピザ)はシンプルな3ノブのコントロールから、驚くほど多彩なトーンを楽しめるファズ・ドライブペダルです。

ポストCBS期のFender Tweedアンプを彷彿させるガラスのようなクランチトーンから、スピーカーコーンを揺らす轟音ディストーション、カオティックなゲートファズまで、自由自在。それぞれが有機的に絡み合う3ノブのコントロールは、貴方を眠れなくさせるでしょう。

加えて “ギターピックアップシミュレーター”を搭載し、ファズ・ペダル特有の悩みである「他のエフェクターとのマッチング問題」を解消しています。ワイヤレスシステムや、アクティブピックアップを搭載したギターで使用する場合にもトーンを最適化します

既存のどのファズペダルの系統でもない、全く新しい独創的なファズ・ペダル。
甘く香ばしい、ハワイアン・ピザの世界。

Pig (Input)

ペダルのアンプリファイア回路へのインプットボリュームを調整します。ゲインコントロールに似ていますが、より繊細で多様なトーンを出力します。右に回すとブラストトーン、左に回していくとクランチトーンになります。

Pineapple (Voltage)

ペダルのアンプリファイア回路への電圧を調整します。右に回していくと電圧が上がり、ヘッドルームが広くスムースなサウンドに。左に回すと電圧が下がると共にグシャッとしたコンプレッション、更に下げていくとと壊れたラジオ、ゲートサウンドやオクターブトーンとなります。

Pizza (Output)

ペダルのアウトプットレベルを調整します。コントロール幅が広くユニティに合わせることも、極端に大音量なセッティングも可能です。電圧を下げるとボリュームも下がるので、合わせて調節してください。

*pig, pineapple, pizzaの3つのコントロールは互いに干渉し、密接に絡み合っています。調節したコントロールに合わせて他のノブもコントロールが変化し、多彩な表情を見せます。様々な設定を試して、ハワイアンピザの世界を冒険してみてください。

ギターピックアップ・シミュレーター

ファズ・ペダル特有の悩みである「他のエフェクターとのマッチング問題」を、”ギター・ピックアップ・シミュレーター”を搭載することで解消しています。これによりシグナルチェインのどこにHAWAIIAN PIZZAを接続しても、最高のファズ・サウンドを楽しめます。ワイヤレスシステムや、アクティブピックアップを搭載したギターで使用する場合にもトーンを最適化します。

シグナルチェインの一番最初にHAWAIIAN PIZZAを接続する際は、シミュレーター回路はオフにすることもできます。シミュレーター回路はペダル内部のスイッチで切り替ることができます。


<Hawaiian Pizza 技術解説>

「ポークつまみ」は、入力レベルをコントロールし、歪回路へどれだけ突っ込むかで歪量を調節。

「ピザつまみ」は出来上がりのボリュームを調節します。アウトプットボリュームです。

プリボリュームとアウトプットボリュームで歪を作っていく構成からも、どこかアンプのサウンドを意識しているのかとも考えられます。

そして真ん中の「パイナップルのつまみ」、これが大変独創的です。回路のサプライボルテージを可変することで、歪のキャラクターを無段階でコントロールしています。アンプライクなナチュラルサウンド、カラッとキレのいいアメリカンなオーバードライブ・サウンド、充実したミドルが特徴ブリティッシュ系ハイゲインサウンド、さらにFUZZをアドオンしたグランジ系サウンド、ブチブチのゲート・ファズサウンドと、歪み方・歪の質を変化させており、倍音構成や割合、サチュレーションやコンプ感、ゲートやサスティーンなどなど、ノブ一つのコントロールで多角的な変化をもたらします。トーンやイコライザーとはまったく次元の違うプロセス、思い描く歪を生み出すことができる従来にないコントロールです。

3つのつまみ、中でも音色エディットに関わるのは実質2つ。たった2つのつまみでこんなにバリエーションを持たせられるのは驚きです。しかも回路はシリコントランジスタ2発、シンプルな構成!しかも、トーンやEQの必要性を感じない周波数バランスの良さは特筆に値します。

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー