Blog

 

ミックスやマスタリングはもちろん、演奏時のモニタリングに使用する事で、正しい定位、ミックスバランスを把握でき、結果良い演奏や作品につながっていく。ヘッドホン・モニタリングの重要性を問い直し、長年の開発の集大成的製品として発売されたのがBTL-900ヘッドホンアンプです。

今回、サウンドデザイナー誌面にて、「音楽制作で使いたいヘッドホン」特集で取り上げていただきました。オーディオインターフェースのヘッドホン出力でも「音は出ますが」・・・その再生能力を引き出すには単体ヘッドホンアンプの導入がお薦め、宅録用途にお薦めのモデルと言う事で2機種をチョイスしてレビューしていただきました。

sd-mini-review-btl900

プロミュージシャンのヘッドホン環境も紹介されていたり、特集記事全部がとても役に立つのでチェックしてみてください。BTL-900とモディファイ済のMDR-CD900STは、デモ機のお貸出しも可能ですので、是非お問合わせいただき、今の御自分のヘッドホンモニタリング環境と機器比べていただくことをお薦めします。きっとその違いや作業のしやすさ、または演奏のしやすさにも驚かれると思います!デモ機貸出しについてはこちら

 

WesAudio,DUE-PRE,サウンド,音質,評価,API500,VPRアライアンス,マイクプリ,API500マイクプリ

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー