Blog

Bondi Effects 2026は、”Dynamic Mode”(オートモード)を搭載したコンプレッサー・ペダルです。
入力信号に応じて、”アタック・タイム”と”リリース・タイム”を自動調整させることで、演奏のダイナミクスに完全に追従した、極めてナチュラルなコンプレッションを実現します。

モードはフットスイッチを長押しすることで、”アタック・タイム”と”リリース・タイム”をノブで設定する “Manual Mode”に切り替えることもできます。

RATIO、THRESHOLD、LEVEL、ATTACK、RELEASEのフル・コントロールのパラメーターに加え、KNEEスイッチでコンプレッション・カーブを設定可能、演奏スタイルに合わせた全ての表現性を備えています。

コンプレッション時にギターやベースのトーンを曇らせるようなことは一切ありません。
完璧なまでにトランスペアレントなコンプレッサー・ペダルの登場です。

 


FEATURES

■ ハイパフォーマンスの「Blackmer® VCA」コンプレッション設計
■ レシオ:1:1 〜 ∞:1(25:1)、ソフトなコンプレッションからハード・リミッティングまでカバー
■ スレッショルド:-50dB 〜 10dB
■ コンプレッション時にはLEDが白く点灯
■ Manualモード 、または Dynamicモード(アタック&リリースを自動調整)切替
■ アタック・タイム:0.15-15mS/dB (1.5-150mS for a 10dB change)
■ リリース・タイム:1.5-150mS/dB (150-1500mS for a 10dB change)
■ コンプレッション・カーブ切替(ハードニー&ソフトニー)
■ レベルコントロール:20dBのカットまたはブースト
■ ソフトタッチ・のバッファード・バイパス・スイッチ
■ 電源:9VDC(センターマイナス)アダプター、消費電力 25 mA

 


シンプル&アドバンスド

コンプレッサーは常にベストなセッティングを見つける事がとても難しいギターペダルです。トーンの輝きを保つためには、いつも何かを犠牲にしなくてはならないからです。

Bondi Effectsでは数年間にわたり、トーンを一切失うことなく、的確にダイナミクスだけを制御できる優秀なコンプレッサー・ペダルの開発に集中してきました。dBXの創立者でもあるDavid Blackmar氏のVCA回路を応用した2026コンプレッサー・ペダルには、同社のレコーディング用のスタジオ・コンプレッサー同様に、オートモード(Dynamic Mode)が追加されています。

 


Dynamics Mode(オートモード)について

Bondi Effects 2026では、まず”Dynamics Mode”(オートモード)をお試しください。フットスイッチを長押ししてLEDが「青色」に点灯するモードが”Dynamics Mode”です。

“Dynamics Mode”では、入力信号(ピッキングのダイナミクス=演奏スタイル)によって、リアルタイムでアタックとリリースの値が変化します。ラウドな信号を検知すると(ゲインリダクションが大きくなる)、アタックタイムが速め、リリースタイムは遅めの設定に自動調整されます。逆に、ソフトな信号を検知すると(ゲインリダクションが小さくなる)、アタックタイムが遅く、リリースタイムは速めの設定に自動調整されます。レシオ、スレッショルド、レベル、そしてコンプレッションカーブは任意の値に設定します。

ピッキングの強弱、リズムやフレージングに対して、完全に追従したコンプレッション効果が得られるため、圧縮感を感じることなく、粒立ちの良いコンプレッション・サウンドを楽しむことができます。音楽の躍動感を一音ごとに瑞々しく伝えられる”Dynamics Mode”のサウンドは、ギタリストやベーシストの表現の可能性を確実に拡げてくれます。

 


Manual Mode(マニュアルモード)について

Bondi Effects 2026を”Manual Mode”(マニュアルモード)に設定する場合は、フットスイッチを長押ししてLEDを「赤色」に点灯させます。

“Manual Mode”では、アタックとリリースを含む全てのノブとスイッチをマニュアルで設定します。アタックタイムとリリースタイムは通常のコンプレッサーに比べて可変幅がかなり広く設計されていますので、真ん中位置より低めの設定で使用するのが一般的です。

どちらのモードでもコンプレッション時にはLEDが白く点灯し、スレッショルドに達したことを視覚的に確認することができます。

 


コンプレッション・カーブについて

Bondi Effects 2026は、スレッショルド付近のコンプレッション・カーブを切り替えることができます。

“ハード・ニー”設定(スイッチが下側)は、一般的なコンプレッサー・ペダルに多いカーブです。リミッティング感の強いサウンドメイクに適しています。

“ソフト・ニー”設定(スイッチが上側)では、より緩やかなコンプレッション・カーブとなるため、より自然なサウンドのコンプレッションが得られます。

この2つのカーブ切り替えにより、さらにコンプレッション表現のバリエーションが拡がり、楽曲やプレイスタイルに最適なサウンドメイクを必ず見つけ出すことができるようになります。

 


2026コンプレッサーの使い方

RATIO

コンプレッション・レシオを設定します。真ん中位置でレシオ4:1、絞り切りで1:1(コンプレッションなし)、フル位置で25:1となります。ノブ位置によるレシオ設定は以下図の通りです。

THRESHOLD

コンプレッションがかかり始めるスレッショルド値を設定します。スレッショルド値はトグルスイッチのKnee設定にも影響します。スレッショルド・レベルに達すると、LEDが白く点灯してコンプレッションを視覚的に確認できます。

LEVEL

出力レベル(メイクアップゲイン)の設定を行います。ノブの真中位置が(コンプレッションがかかっていない時の)ユニティー・ゲイン位置です。

ATTACK

コンプレッサーのアタック値(コンプレッサーがかかりはじめる速さ)を調整します。ノブが最小位置でアタック・タイムが最速、最大位置で最も遅いアタック・タイムとなります。マニュアルモードではアタック・タイムがノブで可変できますが、本機ではアタックタイムの可変幅がたいへん広いため、通常のコンプレッション動作ではノブ位置が最小~真ん中付近で調整する事になります。

RELEASE

コンプレッサーのリリース・タイムの値(コンプレッションしてから元のレベルに戻るまでの時間)を調整します。ノブが最小位置でリリース・タイムが最速、最大位置で最も遅いリリース・タイムとなります。マニュアルモードではリリース・タイムがノブで可変できますが、本機ではリリース・タイムの可変幅がたいへん広いため、通常のコンプレッション動作ではノブ位置が最小~真ん中付近で調整する事になります。

TOGGLE SWITCH

ATTCKとRELEASEの間にあるトグルスイッチでは、コンプレション・カーブの設定を切り替え可能です。
“ハード・ニー”設定(スイッチが下側)では、リミッティング感の強いサウンドメイクとなります。
“ソフト・ニー”設定(スイッチが上側)では、より緩やかなコンプレッション・カーブとなり、自然なサウンドのコンプレッションが得られます。

FOOT SWITCH

エフェクトのオンとオフを切り替えるフットスイッチです。
また、2秒間ほど長押しする事で、2026コンプレッサーのモードを切り替えることができます。

LEDが青く点灯する時は”Dynamic Mode”(オートモード)です。
“Dynamic Mode”(オートモード)では、入力信号(ピッキングのダイナミクス=演奏スタイル)によって、リアルタイムでアタックとリリースの値が変化します。ラウドな信号を検知すると(ゲインリダクションが大きくなる)、アタックタイムが速め、リリースタイムは遅めの設定に自動調整されます。逆に、ソフトな信号を検知すると(ゲインリダクションが小さくなる)、アタックタイムが遅く、リリースタイムは速めの設定に自動調整されます。レシオ、スレッショルド、レベル、そしてコンプレッションカーブは任意の値に設定します。

LEDが赤く点灯する時は”Manual Mode”(マニュアルモード)です。
“Manual Mode”では、アタックとリリースを含む全てのノブとスイッチをマニュアルで設定します。アタックタイムとリリースタイムは通常のコンプレッサーに比べて可変幅がかなり広く設計されていますので、真ん中位置より低めの設定で使用するのが一般的です。

どちらのモードでもコンプレッション時にはLEDが白く点灯し、スレッショルドに達したことを視覚的に確認することができます。

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー