Blog

マーカス・ミラーが表紙の「BASS MAGAZINE」2018年7月号に、注目のフリップトップ式ベースアンプ・キャビネットDEMETER AMPLIFICATIONBSC-112-FTのレビュー記事が掲載されています!

フリップトップ,収納式,ベースアンプ,キャビネット

前段が真空管、後段がデジタルパワーアンプで構成されたコンパクトなベースアンプヘッド、BASS400(400W)とBASS800(800W)に最適化された、5インチのコーン・ツイーター&12インチ・ウーハーで構成されたベース専用キャビネットであるBSC-112-FTは、一台ごとに巨匠ジェームス・ディメターが制作に関わるプロラインの製品で、トップ面はフリップトップ式となっており、可搬時にコンパクトに持ち運べるのが大きな特徴です。

そのサウンドはアンプヘッド同様に、極めて音楽的なナチュラル・レスポンス。ジェームス・ディメターの経験値が高いレベルで結晶したサウンドメイクが魅力です。

ベース,フリップトップ式キャビネット,高音質ベースキャビネット

ベースマガジンさんのレビューでは、「予想通りアンプヘッドとまったく同じ印象。音楽的かつ忠実な音色に~」と、たいへん高い評価をいただきました。ありがとうございます。ぜひ書店や楽器店にてベースマガジン誌をご購入いただき、P149のDEMETER AMPLIFICATIONBSC-112-FTのレビュー記事をチェックしてみて下さい。

ちなみに、現在ちょうど行われているダニー・コーチマー(キャロル・キングとの共演が有名ですね)の来日公演にて、ベースを担当するあのリーランド・スクラーも、Demeter BASS800ベースアンプを使用しています!多くのプロミュージシャンから信頼の高いBASS400/BASS800と共に、ぜひ専用キャビネットのBSC-112-FTもご利用いただけますと嬉しいです!

 

また、P134から数ページにわたって掲載されているジョン・パティトゥッチのインタビューでは、ウェイン・ショーターのカルテットのメンバーと共に来日した際の、機材レポートやインタビューが掲載されていました。

ジョン・パティトゥッチは、数年前からGRACE design FELiXをアップライト・ベースのピックアップのプリアンプに使用していますが、今回の来日公演ではアップライトだけの演奏で、そのサウンドを全面的にGRACE design FELiXがサポートしてるようです。

また記事ではジョン・パティトゥッチは、特注したセミホロウ仕様の6弦ベースにゲインを最適化した改造モデルのGRACE design FELiXを愛用しているようです!

弊社でも、お客様のご希望に応じてGRACE design FELiX、ALiX、BiXのモディファイをご相談いただくこともできます。どうぞご相談ください。

以前に行ったモディファイ例なども掲載されていますので、以下のリンクをご参照ください

http://umbrella-company.jp/contents/?x=0&y=0&s=FELIX

マーカス・ミラー、ジョン・パティトゥッチなどインタビューも読み応え抜群の永久保存版のベースマガジン、どうぞお買い求めになりじっくりお読みください!

 

各製品ページはこちら

★ Demeter BSC-112-FT

http://umbrella-company.jp/demeter-amplification-BSC-112-FT.html


★ GRACE design FELiX

http://umbrella-company.jp/gracedesign-felix.html

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー