Blog

bastl instruments,timber,ウェーブシェーパー,ウェーブフォルダー,Wave Shaper,ウェーブシェーピング,ユーロラック,


BASTL INSTRUMENTS/TIMBER
デュアル・チャンネルのウェーブ・シェーピング・モジュール

BASTL INSTRUMENTS「TIMBER」は、フレキシブルで創造性に溢れる「ウェーブ・シェーピング・モジュール」です。

TIMBERには2系統の異なるウェーブ・シェーピング回路(ウェーブ・ドライバー回路とウェーブ・フォルダー回路)があり、それらをCV制御可能なクロスフェード回路でミキシング(原音とのミックスも可能)することができます。三角波や正弦波などのシンプルな波形や様々な信号を入力して、リッチで複雑なハーモニクスを作り出すことができます。

SHAPEコントロールは入力アンプ・ゲインを調整し、SYMMETRYは入力信号に電圧オフセットを加えて、バリエーション豊かな非対称オーバドライブやウェーブ・フォールディングされたサウンドを生成します。またFBK CV端子にポジティブ・ボルテージが入力されると、出力信号が入力にフィードバックされ、カオス的で攻撃的なサウンドをもたらします。

I.WAVE DRIVERは、フォールディング・ステージを備えたオーバドライブ回路で、2つの3wayスイッチ(9種類の組み合わせが可能)を備えています。DRIVEスイッチはSOFT/HARD,またはその中間に設定できます。FOLDスイッチは、フォールディング設定のスレッショルドをHI/LOに設定することができ、中間のNOポジションではフォールディング・ステージを無効にすることもできます。

II.WAVE FOLDERは、”SERGEスタイル“のウェーブ・フォールディング回路で、SHAPEパラメーターによりリッチな高周波の音色を構成します。FOLDスイッチがOKポジションで4ステージのウェーブ・フォールディング、KOポジションでは不思議なメタリック・キャラクターの非対称フォールディング・ステージ、NO位置でオーバドライブ・フォールディング・ステージのみを選択できるため、様々なキャラクターと倍音成分を可変できます。

ウェーブ・シェーピング回路は同じCVを共用します。X-FADE、SYMMETRY、SHAPEは外部CVソースからのモジュレートが可能であり、ダイナミックな動きのあるサウンド・メイクが達成できます。

BASTL INSTRUMENTSならではのアイデアとサウンドを詰め込んだ、極めて完成度の高いウェーブシェーパー・モジュールです。

bastl instruments,timber,ウェーブシェーパー,ウェーブフォルダー,Wave Shaper,ウェーブシェーピング,ユーロラック,


Features:

■ I. WAVE DRIVER=1つのフォールディング・ステージによるオーバードライブ回路
  ・3way DRIVEスイッチ=オーバードライブのキャラクターを選択(SOFT-MID-HARD)
  ・3way FOLDスイッチ=フォールディング回路のスレッショルド・レベルを選択(LO-NO-HI)
  ・I. OUTジャックからI. WAVE DRIVERのみのサウンドを出力可能

■ II. WAVE FOLDER=4ステージのフォールディング回路で構成(SERGEスタイル)
  ・3way FOLDスイッチ=フォールディング・ステージのキャラクターを選択(OK-NO-KO)
  ・II. OUTジャックからII. WAVE FOLDERのみのサウンドを出力可能

■ 両ウェーブ・シェーピング回路への共通入力ジャック
■ SHAPEコントロール= ウェーブ・シェープ回路前の入力アンプ・ゲインを調整
■ SYMMETRYコントロール= 入力信号に対するボルテージ・オフセットを設定
■ SYMMETRY端子= 端子に入力されるとSYMMETRYノブはバイポーラ・アッテネータとして機能
■ X-FADE= ボルテージ制御できるクロスフェーダー。X-FADE端子とバイポーラ・アッテネータを装備
■ X-FADEノブはスイッチ切替で2タイプのクロスフェード・ミックスが可能
(入力信号(原音)とII. WAVE FOLDERまたは、I. WAVE DRIVERとII. WAVE FOLDER)
■ X-FADE IN端子に外部信号を入力すると、II. WAVE FOLDERのサウンドを入力された外部信号に置き換え、X-FADEでクロスフェードミックスが可能
■ FBK CV端子のボルテージにより、OUTPUTまたはII. WAVE FOLDERの出力を入力にフィードバックさせることが可能
■ 7 HP
■ 10ピン~16ピン電源ケーブル付属
■ 奥行:24mm
■ 消費電力: +12: < 50mA, -12: <50 mA


TIMBER MANUAL

①INPUT
入力信号は増幅段(SHAPE)に送られ、電圧オフセット(SYMMETRY)とミックスされた後に、2つの異なるウェーブ・シェイピング回路へと送られます。

②SHAPE
SHAPEコントロールは入力波形がウェーブ・シェイピング回路に入る前のゲインを設定します。ウェーブ・シェーピングが起き始めるまでの段階ではVCAのような働きとなります。SHAPE端子に入力されるCVは、端子上のアッテネータ・ノブで調整されてから、SHAPEノブの値にミックスされます。

③SYMMETRY
入力信号に加えられるボルテージ・オフセットを設定します。
SYMMETRY端子に信号が入力されると、SYMMETRYノブはその信号のアッテネータとして機能します。SYMMETRY端子に何も接続されていないときは、SYMMETRYノブは入力信号に正方向(時計回り)または負方向(反時計回り)の電圧を加えます。SYMMETRYは、低スピードののCV信号と一緒に使用するとPWMのようなキャラクターとなり、より高速なLFOを組み合わせるとウェーブ・フォールディングによる擬似コーラスのようなサウンドとなります。

SYMMETRYジャックは、INPUTに2つめの信号をミックスするための入力としても活用できます。

さらに、ウェーブ・シェーパー(IまたはII)の出力をSYMMETRY端子に接続して、正または負のフィードバック量を制御するアイデアでは特定の設定でセルフ・オシレーションが得られます。

④I. Wave Driver Output
I. Wave Driver シェーピング・ステージの独立した出力端子です。WAVE DRIVER回路は、まず最初にスレッショルド値が調整可能なウェーブ・フォールディング・ステージを経て、オーバドライブ・ステージを通過します。SYMMETRYコントロールで入力に電圧を加えると、チューブ・アンプに代表される非対称波形の音楽的な歪サウンドが得られます。フォールディング・ステージを使用している間に高い値のSYMMETRYを追加すると、ハイパス・フィルターに似たキャラクターが発生し、基本周波数が除去された独特のサウンドが得られます。

⑤ I. Wave Driver Switches
DRIVEスイッチは、3段階でオーバードライブのキャラクターをSOFT/HARD、またはその中間で設定できます。
FOLDスイッチは、フォールディング・スレッショルドの値を、HIまたはLOに設定することができ、NOポジションではフォールディング・ステージをオフにすることもできます。

HIポジションはII. WAVE FOLDERより約2倍の高さのスレッショルドを設定するため異なるハーモニクスを得ることができます。設定の組み合わせやノブの設定により2/3/4/5次の倍音を様々なバリエーションで得ることができます。

⑥ II. Wave Folder Output
II. WAVE FOLDER ステージの独立した出力端子です。

⑦ II. Wave Folder Switch
信号がII. Wave Folder回路の入力で増幅されると、トータルで5つのステージを経由します。最初の4つはウェーブ・フォールディング・ステージです。信号が増幅されてフォールディングのスレッショルドに達すると、そのスレッショルド値を超えるピークが内側に折り返されます。三角波や正弦波などの単純な波形では、3次、5次、7次の高調波が発生し、さらに鋭い歪みが生じます。SHAPEをスイープするとフィルタのカットオフを調整するのと同じようなフィールが得られます。SYMMETRYを使用して入力に電圧を加えると、非対称のフォールディングが発生します。そのため2次、4次、6次の高調波を得ることもできます。

FOLDスイッチをNOの位置に設定すると、4つのウェーブ・フォールディング・ステージをスキップし、最終段のフォールディング/オーバ・ドライブ・ステージのみを使用します。より複雑な信号を処理する場合に特に便利です。

FOLDスイッチをKOの位置に設定すると、フォールディング・ステージが非対称になり、ユニークでファジーなメタルサウンドになります。

X-FADEセクションで入力のオリジナル信号(原音)とのミックスを行うことで、フォールディング・サウンドで失われる周波数をキープすることができサウンドメイクに大いに役に立ちます。

⑧ FBK CV
CVで制御可能なフィードバックは、FBK CV入力に信号を入力することによって得られます。それはII. WAVE FOLDERの信号を入力信号とミックスします。特にFOLDスイッチをOKポジションで使用すると、カオス的でアグレッシブなティンバーが発生します。また自己発振やカオス的なノイズを発生させることもあります。FBK CV入力は5Vゲートまたはエンベロープで良く機能します。高いアマウントのSYMMETRYが適用されると、電圧オフセットを乗算して特定場合に信号をより静かにすることができます。これは、より複雑でリズミカルなモジュレーションと組み合わせる際に便利です。

⑨ X-Fade
CVにより制御できるクロスフェーダー(X-FADE)は、2つのウェーブ・シェーパー、または入力信号(原音)とのブレンドを調整できます。

X-FADEノブはX-FADE出力の信号のミキシング・バランスを設定します。ノブの隣にあるスイッチの設定によって、ノブを左側方向に回しきった時のX-FADE OUT端子から出力されるサウンドを選択することができます。スイッチ設定によって、「オリジナル(原音)のINPUT信号」、または「ウェーブ・シェーピングされたI.WAVE DRIVER信号」を選択することができます。

X-FADEノブを完全に右側に回しきると、「ウェーブ・シェーピングされたII.WAVE FOLDER信号」がX-FADE OUT端子から出力されます。ただし、X-FADE IN端子に信号を入力した場合は、その信号が優先されるため独立したクロスフェード機能を与えられます。つまりX-FADE IN端子に他のモジュールからの信号を入力した場合は、X-FADEノブを右側に回した時の、II.WAVE FOLDERの信号は他のモジュールからの信号に上書きされています。この場合はX-FADEノブでのクロスフェードはI. Wave Driver側の選択された信号と、X-FADE IN端子に入力された信号のミックスとなります。これにより、本機を様々なアイデアで利用することが可能になっています。

X-FADEノブの位置によって両側のシェーピング回路のサウンドをミックスしたり、片方だけのサウンドを出力したりすることが可能です
もちろんフェーダーはCVによって制御できます。X-FADE CV入力は、入力端子の上側にあるアッテネータノブが中間位置の時は電圧がミュートされ、その位置からX-FADEノブに対して、電圧を加算(時計回りに回す場合)、または減算(反時計回りに回す場合)します。これにより、ポジティブなエンベロープは、任意の信号の組み合わせの間でどの方向にもクロスフェードすることができます。

TIP:
通常、X-FADEの選択スイッチをINPUT(下側)にセットすると、II. WAVE FOLDER出力と入力信号(原音)をX-FADEでミックスできますが、I. WAVE DRIVER出力と入力信号(原音)をX-FADEでミックスしたい場合には、I. WAVE DRIVER出力をX-FADE IN端子にパッチ接続してください。X-FADEスイッチをINPUT位置に設定すれば、クリーン信号とI. WAVE DRIVERでウェーブ・シェーピングされた信号をクロスフェードできます。

★ Application Note 

異なるタイプのソース信号は、さまざまな種類のウェーブ・シェーピング効果を形成します。シンプルな波形には、より多くの高調波のコンテンツが追加されるため、素晴らしい結果をもたらします。アコースティック・インストゥルメントやドラムなどの複雑な信号には、すでに高調波成分が多く、フォールディング・ステージを掛け合わせるとノイジーなサウンドを生み出します。

したがって、そのような信号については、フォールディングよりもむしろオーバードライブを適用することにより、より好ましい結果を得ることができるでしょう。このプロセスに決まったルールはありません。さまざまな入力信号や変調信号を組み合わせて、さまざまな設定を探求し、この強力なサウンド・プロセッサの可能性を最大限に引き出してみてください。

⑩⑪ Open For A AC & Open For B AC
基板上のA AC ジャンパーはI.WAVE DRIVER専用のものです。B AC ジャンパーは II WAVE FOLDER専用です。
これらのジャンパーはデフォルトでは閉じられており、TIMBERは入力から出力まですべてDC結合されています。これはTIMBERを低電圧信号(シーケンス/ LFO /エンベロープなど)の処理に使用できることを意味します。ただし、SYMMETRYをオーディオパスに追加すると出力に電圧オフセットが発生する可能性があります。これは、AC結合されていないオーディオ信号パス(出力モジュールなしでユーロラック外に接続するなど)で使用すると問題が発生する可能性があります。そのような状況では、これらのジャンパを開いたままにしておくことをお勧めします。


⑫ INV A Phase

このジャンパーを使用して、I.WAVEドライバの位相を反転させることができます。 2つのシェーパ回路間でクロスフェード・ミックスを行うと、基本周波数が位相反転によって相殺てしまう場合があります。その場合はジャンパーで位相を反転してください。

⑬ Norm SHP CV_TO_MIX
この半田によるジャンパーを閉じると、SHAPE CV inputのボルテージを、X-FADE CV入力へ内部接続することができます。

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー