Empress Effects ParaEQ wiith Boost

Home / /Caroline Guitar Company

......................................................................

コロンビア

Timeless Sound Fuzz

......................................................................

ロックの王道を行く堂々たるファズサウンド


Olympiaファズと内容は全く同じでデザインだけが違います。日本では登録商標の関係でこの名前になっています。


「Olympia」は1969年伝説のBBC SupershowでのLed Zeppelin“Dazed and Confused”の名演のようにパワフルでダイナミックなサウンドを目指して開発されたファズペダルです。ただ回顧的なだけではなく、1990年代のグランジ系エッセンスをミックスすることで、「2000年代の為のロックを鳴らす道具」としての存在感を確立しているセンスも抜群です。

*入荷時期によって筺体や印字のカラー、ノブの種類などの仕様が変わる場合がございます。


現在モデルチェンジのため生産がストップしています。

Made in U.S.A

製品写真
製品詳細 |


「Olympia」は1969年伝説のBBC SupershowでのLed Zeppelin“Dazed and Confused”の名演のようにパワフルでダイナミックなサウンドを目指して開発されたファズペダルです。ただ回顧的なだけではなく、1990年代のグ ランジ系エッセンスをミックスすることで、「2000年代の為のロックを鳴らす道具」としての存在感を確立しているセンスも抜群です。




「Olympia」ファズペダルは Caroline Guitar CompanyがKickstarter(資金調達プログラム)を通じて開発を展開した事でも話題になった作品。同社のファーストプロダクトである Wave Cannonがあの「Guitar World誌」の“Platinum Award for Excellence”を受賞し、全米のオルタネイティブロック系ミュージシャン中で噂になった直後の作品だっただけに、「ロックの王道的歪サウンド」に 挑戦した「Olympia」の開発には力が入ったようです。

一発コードを弾いてみるだけで分かるのはその「タイムレスなロックサウンド」です。もちろんお利口さんではありません。ざらついた表情と粗いフィルム映像 のような粒子、粘り気のあるタッチ、全てが温かく愛情に包まれたファズサウンドです。埃や塵、ハムノイズのエッジまで美しい。美しく荒々しく「ロック」と いう表現しか思いつきません。

トランジスタによる伝統的な回路を独自の視点でひねり、スクィーズしたCaroline Guitar Companyならではのオリジナルサウンドに仕上がっているのが印象的です。ネックピックアップで弾いたときの、喉元に迫ってくるような、胸元を鷲掴み にするような持続するサスティーンの中で蠢くハイミッド帯域はこの「Olympia」でしか味わえない最高の体験です。ブゥーンブーンと響くオーガニック な質感です。

エアー感や音圧は「ビッグマフ」のようにも聞こえますが、コードを弾いたときの粒立ちのよさや、手元ボリュームで少し絞ったときのナイスサウンドは「トー ンベンダー」のようにも聞こえます。ヒッピースタイルのフィルモア・サイケデリアのように懐古的でありながらも、抜け感や音圧などオルタネイティブな響き をしっかり組み入れたサウンドメイクのセンスに脱帽です。

Caroline Guitar Companyはその製品に対するアティチュードやセンス、愛情がこもった丁寧な品質と管理など全てにおいて素晴らしいメーカーです。これからのブティックペダルを代表する存在になっていくブランドだと思います!












アンブレラカンパニー | クリエイティブでユニークな音楽制作機材と楽器の輸入販売


株式会社アンブレラカンパニー
〒196-0022
東京都 昭島市 中神町 1157-11

TEL 042-519-6855
FAX 042-511-9656
© Copyright 2012 Umbrella Company