壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,


*現在、弊社の吸音材のカット販売はサービスを休止中です。
ご了承くださいませ。

簡易防音壁(間仕切り壁)を作ってみました。

壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,今回の吸音パネル工房の「作ってみました」はいよいよ壁に挑戦です。

今回は部屋に間仕切りの壁を作りますが、ある程度の防音効果も期待して、BL32グラスウールボードを使用します。また遮音シートを貼って、さらに遮音・防音効果をはかります。

天井や床はそのままですので、ある程度の簡易防音にはなりますが、壁の防音効果だけではなく、断熱効果などもあるので、どうせ間仕切り壁を作るなら、やってみようという事になりました。

結果から先に申し上げますと、「期待以上の効果」が得られました。本ページ(1ページにまとめていますので、長いです・・・)の下の方に、遮音・防音の効果については動画付で紹介していますのでチェックしてみてください。

単純に間仕切り壁のDIY製作と、自分で壁紙を張る際の参考にもなる(かもしれません)?今回の壁は後から壊して、元に戻すことも簡単にできるようにも工夫しています。


窓の防音,自作,diy,簡単防音,窓の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,施工前の状態


この部屋は12~13畳くらいのひとつながりの部屋で、子供たちが小さいうちは、友達が来た時などに広々と遊べるようにひとつの部屋として、成長して自分の部屋が必要になった時には、真中に間仕切り壁を設けらえるよう設計されていました。廊下から部屋に入るためのドアも最初から2つ設けてあり、間仕切りの壁を作れば2つの個室が完成するようになっています。

壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,

そろそろ子供たちにも個室が必要ということで、いくつかのリフォーム会社や大工さんに見積もりをとってみましたが、何十万円と見積もりがかなりお高い・・また長男はドラムをやっているので(電子ドラムなのでそれほど大きな音ではありませんが)、音楽に合わせてよく演奏しており、同じ家の中でも隣の部屋になるべく音漏れさせたくない。かといって、本格的な防音工事をする必要性は全く感じないので、隣の部屋の音がダイレクトに聴こえず、十分に音量が下がっていればそれで良い。やはり一般のリフォーム会社では通常は部屋の間仕切り壁の場合は、とくに壁の中に吸音材も入れないし、隙間をなくすような施工もしないとのこと・・それより間仕切り壁を本棚にするとか、そういう方向を薦められました。でもやっぱり結構お高いので、自分でDIYで間仕切り壁をつくろう、それも簡易的な防音効果が得られるように吸音材を使用して工夫してみようということになったのです。

壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,

子供たちの勉強部屋になるわけなので、どちらかの部屋に友達が来たり、音楽を流している間にも、隣の部屋がなるべく静かだと好ましいと思いました。結果、吸音材や遮音シート一式などを足してもリフォーム会社に依頼する5分の1以下の価格ほどで完成したので、かなりよかったと思います。




窓の防音,自作,diy,簡単防音,窓の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,設計編


まずは設計です。将来子供達が独立した時には、また大きな1部屋に戻したいと言う事で、最小限の施工にとどめます。計画では2×4材で枠を作り、両側の端は真柱にしっかりネジ止め、それ以外は全体がつっぱるようにしっかりとはめ込むことで強度をだします。本物の職人さんからは怒られそうですが、10年ほど前に同じ手法で巨大な天井まである「壁一面本棚」を作って、全く問題ないので大丈夫でしょう。また今回は壁側には家具や机をおくため、それほどの壁面強度もいらないので約910mmごとに柱を設けるだけのシンプル構造にしました。重量級の大人が壁腕立てを毎晩100回以上やるわけではないので、まあ大丈夫でしょう。

壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,


設計図的には上記のような枠をつくって、吸音パネル工房でぴったりに加工された吸音材をはめ込み(吸音パネルのサイズは最大1820mmなので、天井高2400mmに対応するため上下のパーツに分けました)、片側を遮音シートで覆いつくして上に石膏ボードを貼り、そのうえに壁紙を張る作戦。

木材の厚みなどを考慮し、石膏ボードをカット加工なしで(1820×910mm)そのまま真柱にネジ留めできるよう、設計を綿密におこない、以下のような部材の購入計画をたてました。


【部屋の大きさ】
天井高 2400mm、床(幅木~幅木まで)3485mm、 天井(幅木なし) 3495mm


【部材購入リスト】

1、SPF 2×4材
(販売されているサイズ=38×89×3650mm)

<A> 長さ 2400mm × 2本
<B> 長さ 2324mm × 3本
<C> 長さ 3419mm × 2本

2、グラスウール吸音ボード
吸音パネル工房でぴったりサイズにカット)

<D> 幅 853mm × 高 1820mm × 1枚
<E> 幅 872mm × 高 1820mm × 2枚
<F> 幅 708mm × 高 1820mm × 1枚
<G> 幅 853mm × 高 504mm × 1枚
<H> 幅 872mm × 高 504mm × 2枚
<I> 幅 708mm × 高 504mm × 1枚


3、石膏ボード
(販売されているサイズ=910×1820×9.5mm)

<J> 幅 910mm × 高 1820mm × 3枚 (無加工)
<K> 幅 765mm × 高 1820mm × 2枚
<L> 幅 910mm × 高 580mm × 3枚
<M> 幅 765mm × 高 580mm × 1枚


4、 遮音シート
吸音パネル工房でぴったりサイズにカット)

<N> 幅910mm × 高 2400mm × 3枚
<O> 幅765mm × 高 2400mm × 1枚

吸音材と遮音シートに関しては吸音パネル工房にあらかじめ発注して(納期がタイミングによっては結構かかります)、翌週にいよいよ近くのホームセンターまで材料を購入しに行きました!


翌週は近所のホームセンターへ。

まずは木材売場へ。2×4材、これを買います。結構反っているのが混じっているので選んで買います。

壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,

石膏ボードはこれ。べニアを貼った方が強度も出ますが、コストが高くなるので石膏ボードにします。もし部屋の響きを抑えて、吸音壁にした場合には、音楽室みたいな有孔ボードも売ってますので、目的やコストにあわせて選ぶと良いでしょう!コスト安なのはなんといっても石膏ボード!
壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,

このホームセンターでは、2×4材も、石膏ボードも全部カットしてくれるので超便利です!
壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,
カット料金は、ショップの方がうまい事考えて材料をまとめてカットしてくれる。かかる代金は1カットでいくらという形なので、想像以上に安くすみました。なんとカット加工には、木材と石膏ボードあわせて合計¥450しかかかりませんでした!カ○ンズホームえらい!

材をつなぐのにはこれを使ってみます。ガゼットアングルという名前のようです。壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,

その他、石膏ボードの隙間を埋めるパテや、いつもの激安タッカーも購入!

本日の購入リスト

さて費用を計算してみます。

【ホームセンターで購入した材料費】

・タッカー = ¥398
・壁パテ= ¥298
・ガゼットアングル×16個 = ¥1,248
・石膏ボード = ¥340×11枚=¥3,740
・SPF 2×4材(12ft) ¥698×7本 =¥4,886
・カット代金 ¥450
・コーススレッド(ネジ) ¥128
-----------------------------------------------------------
合計 ¥11,148


となりました。

無理やり車に押し込んで帰宅。もし入らなかったら軽トラを無料で貸してくれるサービスもあるので安心です。





製作篇

さて数週間経ち、サイズぴったりにカットされた吸音材と遮音パネルが到着!いよいよ土日を使って簡易防音の間仕切り壁の製作にとりかかります!



まずはコレ。邪魔です。外そうと思ってグリグリやったのですが結構はずれません。将来は壁は取り除く予定なので、あまり汚くなってしまうのも嫌なので、そのままにします。

壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,

ちょっと手間でしたが柱になる2×4材も、石膏ボードもカットしました。
壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,


家の躯体の柱に、枠になる2×4材をスクリューでインパクト・ドライバーを使って止めていきます。勢いだけでガンガン枠を組み立てていきます。
壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,

フレームが大体できてきました。犬も見にきました。黒いので写真にいつもうまく写れません。怖い何かのようです。
壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,

フレームと木材はガゼットアングルで止めています。大活躍です。
壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,

遂に吸音パネル工房から到着した吸音ボードを開封します。きちんと梱包されているので、保存時にもチクチクすることなく部屋に置いておけました。もうすでにサイズぴったりに切ってあるので、苦労してカッターでギザギザになりながらカットしたり、チクチクしながら四苦八苦する必要は一切ありません。吸音材を使ったDIY作業の一番の難関は吸音材のカットですから、この作業が完璧に終了した、カット済の吸音材がオンラインオーダーできるのは相当に便利です。インターネットから希望のサイズを申し込むだけでご自宅まで届きます。弊社ではこの吸音ボードのフリーカットとお届けサービスをご提供していますので、是非ご利用ください。


壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,



仮で吸音パネルをはめてみます。ぴったり!感動的にぴったりサイズです!仕事がとても丁寧です。
壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,

遮音シートを設置していきます。タッカー(大きなホッチキス)でパチンパチンと止めていくだけ。簡単です。

壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,

遮音シートを片側の壁一面に貼れました。真黒です。
壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,

反対側の部屋からみるとこんな感じです。
壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,


グラスウールの吸音材は素手で触れるとチクチクしますので手袋をはめて、吸音ボードを枠にはめ込んでいきます。ぴったりサイズなので面白いほどぴったりはまっていきます。
壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,

今度は石膏ボードをインパクトドライバーで木枠部分に打ち込んでいきます。
壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,

石膏ボードが全部打ち終わりました。
壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,

凸凹をなくして壁紙を綺麗に貼るために、石膏ボードのつなぎ目などを補修しています。さてこの写真で私は重大な間違いを犯しています。それは手袋をしていないこと!熱中した私はパテ埋めの作業を一気におこなったのですが、手がパテだらけ・・・パッケージを良く見るとアルカリ性が強いので素手で触るなとの注意書き!もちろん翌日から手が荒れて酷い目にあいました。皆さんは気をつけましょう・・・。

壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,

紙やすりで平らにしていきます。
壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,


壁紙はここで通販購入しました。送料込みで合計12,100円でした。無地ならもっと安いのがいっぱいありましたが、家族の意見を尊重し白レンガ柄に決定。のり付きというタイプを購入しました。『アンパンマンをとりもどせ』の絵本が空気を抜いたり、ぴったり貼るのに大活躍しました。はじめてなのに柄ものを選んでしまったため、柄を合わすのがなかなか難しかったのですが、なんとか乗り切りました。
壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,

壁紙貼れました。初めてにしてはまあまあ上くいったと思います。端とかはやはりカッターでうまく切れなかった場所がありますが(のり付きは裏面が糊でべとべとなので切るのが難しいんです・・・)、後で補修材で埋めるので(壁紙のはがれ防止にもなる)の問題ないです。
窓の防音,自作,diy,簡単防音,窓の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,吸音材通販,防音材通販

反対側の部屋
壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,



遂に完成しました!なんだかんだで実際の作業には2.5日ほどかかりました。壁紙がやはり時間がかかりました。貼るのは簡単なのですが、カッターで切る作業がとにかく時間がかかります。慣れればもっと早く作業できると思いますが、うまくなってきた頃には作業完了と言う、DIYにはありがちなパターンに・・。




効果検証篇

壁としては素人目にみれば申し分なくできました。
さて、防音効果の方はいかがなものか? 
壁紙を貼る前に簡単に検証してみた動画です。

iPhoneアプリでのかなり大雑把な計測ですが、ちょっとした参考になるとは思います。


まずは片側の部屋で、結構大音量で音楽をかけてみました。平均で80dBくらいの騒音でしょうか?実際に普段音楽を聴いている音量はもっと小さめですので、この位の音量だと近所迷惑なくらいの音量です。




次に廊下側から聴いてみます。廊下側の壁は普通の壁ですし、ドアもあるため、多少音量は下がりますが結構うるさいです。「うるさい!ボリュームを下げろ!」とお父さんに怒られるレベルかと思います。平均55dBくらいでしょうか?




そのまま隣の部屋にいって計測してみると、結構静か。思った以上に効果があるようです。動画を見ればわかるのですが、音は聞こえますが、かなり音量レベルは低くなっています。でも天井も床も対策していないので多少の音漏れは当たり前か。もちろん廊下経由でドア越し(ドアは隙間だらけの普通のドア)の音もかなり回りこんできています。でも全体的にはかなり音は小さくなっていますね。29dBくらい?



隣の部屋のオーディオの音は結構な大音量なので、もっと普通の音量だったら、あまり気にならなくなるレベルでしょう。床下と天井をちゃんと対策すればかなりいけるかもしれないです。もし将来的に本格的に音楽を演奏する、大音量で音楽を聴くようなことになれば、同じ手法で床も対策した小さな部屋(ブース)を自作したり、天井や床に施工を追加するなどすれば、隣の部屋への漏れはもっと防げるはずなので、いつかやってみたいです。


また今回の木枠は左右だけ柱に固定の為にスクリューで打ち込みましたが、木枠はピッタリサイズに設計して、上下左右につっぱる方法にすれば、ネジを使わないで済むのでは?これが実現できれば賃貸物件でも、あとから解体可能な防音壁が簡単に作れますね。誰か是非チャレンジしてみて、結果をお知らせください!





まとめ

壁としては素人目にみれば申し分なくできました。防音性能も思った以上に実現できたのでやってよかったと思います。

もちろんポイントは一番厄介なグラスウール吸音材がオーダーした大きさぴったりに加工されて自宅まで届くところです。グラスウール吸音材は建材なのでなかなか少量では、加工して、発送してくれる業者はありません。吸音パネル工房のカットサービスは、職人さんが一枚ずつミリ単位のぴったりサイズにカットして、丁寧に梱包して送ってもらえるので、あとは枠にはめるだけですぐに利用できるのが便利です!


以上、ご参考になれば幸いです!





壁の防音,間仕切り壁の自作,子供部屋間仕切り,防音壁自作,防音壁diy,簡単防音壁,壁の騒音対策,防音グッズ,吸音材,遮音材,防音材,グラスウール,吸音ボード,吸音パネル,調音パネル,





アンブレラカンパニー | クリエイティブでユニークな音楽制作機材と楽器の輸入販売


株式会社アンブレラカンパニー
〒196-0022
東京都 昭島市 中神町 1157-11

TEL 042-519-6855
FAX 042-511-9656
© Copyright 2012 Umbrella Company